育児 叱ると怒るの違い

「叱る」と「怒る」の違い

<スポンサードリンク>

 

叱る」と「怒る」この違いをご存知ですか?

 

 

同じような言葉ですが、子育てにおいて叱ると怒るは
まったく違うんです!

 

 

 

叱る  行為を叱る、注意する

 

怒る      感情をぶつける。子供そのものを否定し怒る

 

 

 

叱ることは子供の自立をサポートする上で欠かせないことです。

 

叱る時の心理は平常心で、何がいけなかったのか、その行為のみを注意し、
諭すといった方が分かりやすいかもしれませんね。

 

 

怒ることは、自分の感情が主体で、いわば自分の気晴らしのようなものです。

 

怒られて育つと子供は自分を否定し、親の顔色をうかがって物事を判断するようになります。
常に恐怖で支配されていて、怒られないように、うそをつくことを覚える可能性があります。

 

 

と言っても、
「いやいや期ややんちゃな盛りの子供に諭しても、そもそも聞いていないし。。」

 

と思いますよね。

 

私もその一人です。

 

 

ですが、
人格構成期の今だからこそ!
子供の幸せを一番に考えているあなただからこそ!
今一度冷静になって、行為のみを「叱る」努力をしましょう!

 

 

すべては子供とあなたの幸せのためなんです。

<スポンサードリンク>

育児 叱ると怒るの違い関連ページ

叱ることはしつけ?
子供のしつけのために、本当に「叱る」必要があるのでしょうか?
ダメなしかり方
どんな叱り方はよくないのでしょうか?
本当にだめなこと?
あなたが叱っているのは、本当にダメなことなのでしょうか?
叱る基準
曖昧な基準で怒っていませんか?
虐待ではありませんか?
虐待をしている親は「しつけのため」と言って、虐待を正当化する傾向があるといいます。
約束を押し付けない
小さい子の場合、そもそも「約束」の意味が分かっていません。 それどころか、数分前の出来事も、よほど楽しいことでない限り覚えてすらいません。。。
他の子と比較しない
比較するなら、過去のその子との比較をして、 「〜が出来るようになっている」 と子どもをほめるために、認めるために比較をしましょう。

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍