育児 他の子と比較しない

他の子と比較しない

<スポンサードリンク>

当たり前のことですが、何から何まで同じ子どもなんて
一人もいません。

 

それぞれ性格も違うし、興味を持つことも、食べ物の好みも
成長のスピードも違うのです。

 

 

それが「個性」と言うものですね。

 

 

子どもが出来たと知ったとき時、「健康に生まれてくれさえすればいい!」って
神様にお祈りしましたよね。

 

 

人間の欲にはキリがありません。一つの願いが叶えられたら、もうそれはあって当たり前で
もっともっと欲しがります。

 

 

どれだけ上手にお話できるか、どれだけ何々ができるかなどと、
他の子どもとの比較に目を奪われると、自分の期待だけが一人歩きしてしまい、
子どもを正当に評価することが出来なくなってしまいます。

 

 

比較するなら、過去のその子との比較をして、

 

「〜が出来るようになっている」

 

と子どもをほめるために、認めるために比較をしましょう。

 

 

あと。。とんびは鷹を生みません。
所詮自分の子です。
自分の能力以上のことを望むのは、酷ですよ。

 

 

少なくとも私はそう思っています。。

<スポンサードリンク>

育児 他の子と比較しない関連ページ

叱ると怒るの違い
「叱る」と「怒る」この違いをご存知ですか?
叱ることはしつけ?
子供のしつけのために、本当に「叱る」必要があるのでしょうか?
ダメなしかり方
どんな叱り方はよくないのでしょうか?
本当にだめなこと?
あなたが叱っているのは、本当にダメなことなのでしょうか?
叱る基準
曖昧な基準で怒っていませんか?
虐待ではありませんか?
虐待をしている親は「しつけのため」と言って、虐待を正当化する傾向があるといいます。
約束を押し付けない
小さい子の場合、そもそも「約束」の意味が分かっていません。 それどころか、数分前の出来事も、よほど楽しいことでない限り覚えてすらいません。。。

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍