育児 虐待ではありませんか?

虐待になっていませんか?

<スポンサードリンク>

 

いつになっても虐待のニュースが減りませんね。。

 

 

虐待と聞くと、体中にあざができたり、ご飯を食べさせてもらえない
など、極端な例ばかりを耳にします。

 

が、子どもを叩かないから、虐待にはなっていない!と思っている方
言葉だけでも十分虐待になっている可能性があります。

 

 

また、少しの時間でも暗い押入れに閉じ込めたり、玄関の外に出したり
と、よく見る光景ですが、これも立派な虐待です。

 

 

虐待をしている親は「しつけのため」と言って、虐待を正当化する傾向があるといいます。

 

 

しつけは親の義務ですが、そのために力・恐怖で言うことを聞かせることは、
当然虐待に当たります。

 

 

虐待かどうかの判断は、親の意図ではなく、子どもの立場に立ってされなければなりません。

 

 

子どもの体や心に大きな傷を与えるほどの行為は、
たとえそれが「しつけ」のためであっても、虐待といえます。

 

 

人間は動物ではありません。
子どもがよいことをしたときに親が喜び、周囲が喜ぶ

 

 

悪いことをしたときには、叱るのではなく

 

 

「そんなことをすると悲しいよ」
「もっと、他に良いやり方があるんじゃないかな」

 

 

理性的にやさしく教えていくことで、
子どもは周囲と仲よく幸せにやっていく行動を選択していくものです。

<スポンサードリンク>

育児 虐待ではありませんか?関連ページ

叱ると怒るの違い
「叱る」と「怒る」この違いをご存知ですか?
叱ることはしつけ?
子供のしつけのために、本当に「叱る」必要があるのでしょうか?
ダメなしかり方
どんな叱り方はよくないのでしょうか?
本当にだめなこと?
あなたが叱っているのは、本当にダメなことなのでしょうか?
叱る基準
曖昧な基準で怒っていませんか?
約束を押し付けない
小さい子の場合、そもそも「約束」の意味が分かっていません。 それどころか、数分前の出来事も、よほど楽しいことでない限り覚えてすらいません。。。
他の子と比較しない
比較するなら、過去のその子との比較をして、 「〜が出来るようになっている」 と子どもをほめるために、認めるために比較をしましょう。

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍