育児 子供を叱ることはしつけ?

叱ることはしつけ?

<スポンサードリンク>

 

子供のしつけのために、本当に「叱る」必要があるのでしょうか?

 

 

しつけとは、子供に何かを仕込むことではないのです。

 

ちゃんと自分で考えたり、判断したり、行動することができる力を
養うこと、必要最低限の道徳観、倫理観を育てることを目的に
適切なサポート、アドバイスをすることだと思います。

 

 

そのための手段として「叱る」必要があるときに、適切な方法で「叱る」べきです。

 

 

「叱る」ことは、あなたと子供にとって大事なコミュニケーションです。

 

叱られずに、我慢することを覚えないこどもは自主性が育ちません。
また、逆に本気で叱られない場合、親の愛情を感じることができない場合もあります。

 

 

しつけのコツとしては、「〜してはいけません。」「〜はダメ」のような
否定的な言葉を使っている場合が多いかもしれませんが

 

しつけの基本は否定的な言葉よりも「〜しようね。」のような
やさしく肯定的な言葉の方が効果を期待できるといいます。

 

 

例えば、

 

「ここは走っちゃダメ!」 と言うより

 

 

「ここは病院だから静かに歩こうね。」

 

 

のように、具体的にどうすれば良いのかを伝えた方が。
子供も納得していつまでも覚えていてくれるものです。

<スポンサードリンク>

育児 子供を叱ることはしつけ?関連ページ

叱ると怒るの違い
「叱る」と「怒る」この違いをご存知ですか?
ダメなしかり方
どんな叱り方はよくないのでしょうか?
本当にだめなこと?
あなたが叱っているのは、本当にダメなことなのでしょうか?
叱る基準
曖昧な基準で怒っていませんか?
虐待ではありませんか?
虐待をしている親は「しつけのため」と言って、虐待を正当化する傾向があるといいます。
約束を押し付けない
小さい子の場合、そもそも「約束」の意味が分かっていません。 それどころか、数分前の出来事も、よほど楽しいことでない限り覚えてすらいません。。。
他の子と比較しない
比較するなら、過去のその子との比較をして、 「〜が出来るようになっている」 と子どもをほめるために、認めるために比較をしましょう。

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍