育児 「いやいや」期

「いやいや」期をうまく乗り切るコツ

<スポンサードリンク>

 

「いやいや」期ほんとに大変ですよね。。

 

 

何がいやなのか分からず、何でもかんでも「いや!」と言われ
物事は1つも進まないですね。。

 

 

いろいろ調べたんですが。。

 

 

まず、「いやいや」期は、別名「第一次反抗期」と言うらしいです。

 

これは、赤ちゃんが初めて自我を持ち始める時期で、自立への第一歩ということ。

 

 

いままでは親の言うことに黙って従ってたんですが、ちょっと自我が出てきて、
自己主張の練習をしているみたいです。

 

 

でも、言葉もろくに出ないし、出来ることも少ない。
で、とりあえず親の言っていることに、ぜんぶ「いや!」って言うみたいです。

 

 

で、肝心のこの時期をうまく乗り切る方法なんですが。。。

 

 

残念ながら効果的なものはないみたいで、おとなしく「時期が過ぎるのを待つ!」
これに尽きるようです。。

 

 

余裕があれば、「とりあえず好きなようにさせる」のが最善ですね。

 

この時期は、一人でいろんなことをやってみたい時期に重なるので
「自分でやる!」って聞かないときは、ほっといてみる。

 

 

じっと観察してみると、「出来ないと思っていたことが、時間はかかるけど、
何とか一人で出来るようになってた」なんてことがみつかるかもしれないですよ♪

 

 

あとは、親がイライラをためないようにするのが、一番のコツかもしれませんね♪

<スポンサードリンク>

育児 「いやいや」期関連ページ

あなたが大好きです
あなたがどんなに子供を叱っても、子供はあなたが大好きです。
あなたに伝えたいこと
子供はあなたが大好きで、もっともっと褒めてほしい 認めてほしいと思っています。
困った行動の理由
子供の困った行動にも、ちゃんと理由はあります。
スキンシップは大切
スキンシップって子どもに触れることだけじゃないんですよね。 普段何気なく行っていることが、実は子どもにとって重要なスキンシップになっているんです!
子供からのサイン
小さな子供は、自分の気持ちをうまく表現できません。
話をちゃんと聞きましょう
こどもって、何でもあなたに話したがってます。

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍