育児 子供叱るな来た道じゃ

子ども叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ

<スポンサードリンク>

 

こんな古い教えがあります。

 

「子ども叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ」

 

子どもがいたずらをしたら、これは叱ってはいけないという
ことではなく、叱る前の考え方です。

 

 

いま自分の子がしていることは、昔自分がしていたこと。
自分の子どもの時の姿なんだと思うと簡単には叱れないですよね。

 

 

そう思うと、些細なことで何でも叱るのではなく、広い心で余裕をもって、
子どもを見ることが出来る気がします。

 

 

だたし、甘やかすのではありません

 

 

大事なこと、大切なこと、要所要所では、きちんと子供に教えることです。

 

本当に必要なことは、叱ってでも教えるべきですが、いたずら程度であれば、
自分も必ずしているはずですから、大人が大きな心で見守る必要がありますよね。

 

 

同じことがお年寄りにも言えます。
今後、必ず自分が通っていく道ですからね。。

 

 

小さな子どもとお年寄りを重ねて、自分の心の持ち方を教えてくれる
とても、こころにささる教えですよね。

<スポンサードリンク>

育児 子供叱るな来た道じゃ関連ページ

「楽しむ」心を作る
子育てってストレスがたまりますよね。。 恐らくストレスがたまらない人はいないはずです。 どんな方でも少なからず子育てストレスを抱えているはずです。
あなたが子供の時は?
あなたが小さかったときの話を聞いてみましょう!
イライラ対処法
イライラがとまらないときの対処方法
とっておきの裏技
どうしようもなくなった時のとっておきの裏技

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍