育児 「甘やかす」と「甘えさせる」の違い

「甘やかす」と「甘えさせる」の違い

<スポンサードリンク>

 

甘やかす」と「甘えさせる」の区別は難しいですよね。
ちゃんと理解させている方もいると思いますが、私はよく
分かりませんでした。。。

 

そこで調べていくうちに分かったこと。

 

 

人って、必ず誰かに依存していますよね。
小さい子ではなくても、大人になっても誰かに依存することで心が満たされていくものです。

 

 

小さい子は100%親に依存しています。

 

そして、親の愛情をいつも欲しがっています。
そこで、必要な愛情を注いであげること。これが「甘えさせる」ことです。

 

 

簡単に言うと

 

 

「甘えさせる」は必要な要求に応える事

 

「甘やかす」は不必要なものを与える事

 

 

よく、何歳過ぎたら抱っこはしないとか、男の子は甘やかさないために抱きしめないなんて
言いますが、これは大きな勘違いです。

 

男の子だろうと女の子だろうと(むしろ男の子の方が)愛情を欲しがっています。

 

「だっこー」とか「ぱぱ〜」と甘えてきたら、躊躇せず甘えさせてあげましょう!

 

 

必要な愛情を注ぐことで、健全な心が育っていきますよ!

<スポンサードリンク>

育児 「甘やかす」と「甘えさせる」の違い関連ページ

いつから叱る?
子どもをいつから叱るか。。悩むところですよね。
うそは良くないの?
うそをついたとき、怒るべきか見過ごすべきか。。 ついたうそにもよると思います。
発達障害では?
発達障害(ADHD、自閉症など)の症状は非常に見分けにくいようです。
叱らなくてよくなるコツ
誰でも怒りたくて怒っているわけではないですよね。
他の子をしかるコツ
他人の子を叱れない世の中になってきているようですが。。

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍