育児 子供の良い所の探し方

良いところの探し方

<スポンサードリンク>

 

あなたの子どものいいところはどんなところですか?
と言われてぱっと思い浮かぶこと、何個かありますよね。

 

でも、それって、ほとんどが親が子どもに求める姿であって
親の価値観に合わせた都合のよいものなのだそうです。。

 

 

子どもが生まれた直後は、何も出来ないですよね。

 

でも、毎日毎日がんばって、おっぱいが上手に飲めるようになり、首がすわるようになり、
物に手が伸びるようになり、はいはいが出来るようになり。。。と
毎日が成長なんです!

 

 

いま、出来ることは今までの子どものがんばりの成果の賜物です!

 

 

そう考えると、今出来て当たり前のことでも

 

「前は出来なかったのに、出来るようになってすごいな。えらいな」

 

って感心しなおすと思いますよ♪

 

 

あとは、あなたが子どもの短所だと思っていることを、長所として言い換えてみてください。

 

例えば、いつもぐずぐずして、何をしているときでも他のことが気になって
手が進まないとしますよね(これうちの子なんですが。。)

 

でも、言い換えてみれば

 

 

いつもぐずぐずしている⇒せかせかしないで、肝が据わっている

 

他のことが気になって手が進まない⇒知らないことが多くて、何でも気になる。好奇心旺盛

 

 

実際、短所と長所は紙一重であり、見方を変える、見る人の価値観を変えてみることで
短所も長所として言い換えることが出来るんです。

 

こう考えると、どんどんいいところが見つかってきますよね♪

<スポンサードリンク>

育児 子供の良い所の探し方関連ページ

性格を理解する
子どもの性格を、大雑把にでもよいので理解・分類することでより効果的な叱り方が分かってきます。
信じること!
子どもを信じるということは、子どもが自分の期待に応えてくれるかどうか、が基準ではありません。 子どもの「可能性を信じる」ことなんです。
まず褒めましょう!
できないことを叱る前に、小さなことでもいいので、いま出来ていること、できたことをどんどん褒めましょう!
上手な褒め方のコツ
出来たことが当たり前ではなく、どんなに小さなことでも、がんばりを認めて、成長を素直に喜びましょう!
理由を聞きましょう
子どもがいけないことやいやなこと をした時、怒ったり叱ったりする前に 「何で、そういうことしたの?」 と冷静に聞いてみることにしています。
「やる気」をおこさせる
子どもの成長には、子ども自身の「やる気」が大切ですね。
心を開かせるコツ
子どもは生まれたばかりのころから2,3年は、無条件で親に心を開いていますが、親の行動によって、徐々に心を閉ざしていく場合があります。
効果的な叱り方
どうしても叱らなくてはいけないときの効果的な叱り方です。
叱る時の心得
子どもを叱るとき、まず最優先は心を静めることだと思います。
叱った後のフォロー
叱った後のフォローちゃんと出来てますか?

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍