育児の悩み イライラ・ストレス

子供を伸ばす記事一覧

育児 子供の性格を理解する

子どもの性格を、大雑把にでもよいので理解・分類することでより効果的な叱り方が分かってきます。叱られてもあまりこたえない子 楽観的な子や、情緒が安定している子に多いですね。 ついつい、大声で怒鳴ってしまいがちですが、怒られている内容自体は理解しているはずです。 何度も何度も同じことをしちゃいますが、気...

≫続きを読む

育児 子供を信じること!

子どもを信じるということは、子どもが自分の期待に応えてくれるかどうか、が基準ではありません。子どもの「可能性を信じる」ことなんです。子供は誰にでも「できるようになりたい!」という向上心や、「優しい心」、「愛する心」といった力を持っています。そして、親がその可能性を信じ・認めてあげることで、子供は自分...

≫続きを読む

育児 子供をまず褒めましょう!

前述しましたが、子どもはあなたが大好きで、いつもほめられたい認められたいと思っています。できないことを叱る前に、小さなことでもいいので、いま出来ていること、できたことをどんどん褒めましょう!しかも出来れば、大勢の人の前で大きな声で褒めると、子どもはそこにいるみんなに褒められた、認められたと錯覚して、...

≫続きを読む

育児 こどもの上手な褒め方のコツ

まず、基本となるのは、あなたが喜ぶことだと思います。ほめる時って、あなたも子どももうれしい顔になりますよね。お互い喜んでいるときですよね。あなたの喜んでいる顔が、子どもにはとってもうれしいんですよ♪あと大事なことは、出来たことが当たり前ではなく、どんなに小さなことでも、がんばりを認めて、成長を素直に...

≫続きを読む

育児 子供に理由を聞きましょう

家で心がけていることですが、子どもがいけないことやいやなことをした時、怒ったり叱ったりする前に「何で、そういうことしたの?」と冷静に聞いてみることにしています。上の子はもうすぐ5歳ですが、会話がまだ上手に出来ないことが多く、理由を聞いても良く分からない答えが返ってきます。例えば「何で妹を叩いたの?」...

≫続きを読む

育児 子供の良い所の探し方

あなたの子どものいいところはどんなところですか?と言われてぱっと思い浮かぶこと、何個かありますよね。でも、それって、ほとんどが親が子どもに求める姿であって親の価値観に合わせた都合のよいものなのだそうです。。子どもが生まれた直後は、何も出来ないですよね。でも、毎日毎日がんばって、おっぱいが上手に飲める...

≫続きを読む

育児 子供の「やる気」をおこさせる

子どもの成長には、子ども自身の「やる気」が大切ですね。生まれたばかりの子は、何に対しても「やる気」に満ち溢れていますが、大きくなるにつれやる気がおきないことが増えてきます。我が家の上の子の場合は、まだそんなに大きくないのですがトイレに行きたがらなく、いまだにおしっこをちびったり、片づけが出来なかった...

≫続きを読む

育児 子供の心を開かせるコツ

子どもは生まれたばかりのころから2,3年は、無条件で親に心を開いていますが、親の行動によって、徐々に心を閉ざしていく場合があります。子どもに心を開いて欲しければ、まず親の方から心を開くことが重要です。これって当たり前のことですよね!大人どおしでも同じことが言えますからね。で、その後ですが、当サイトで...

≫続きを読む

育児 子供の効果的な叱り方

どうしても叱らなくてはいけないときは、以下のことに気をつけて叱ると、効果が出やすいようです。すこし「間」をとってから落ち着いて叱る 「間」といっても、ほんの1,2秒です。 瞬間的に 感情にまかせて怒ってしまうのを防ぐ効果があります。 あとは、間を取っている間に、子どもに話すことを整理できます。 多分...

≫続きを読む

育児 子供を叱る時の心得

子どもを叱るとき、まず最優先は心を静めることだと思います。感情的になっては「叱る」ではなく「怒る」になってしまいますからね。その上で、子どもに伝えたいメッセージを手短に説明していきましょう。子どもを愛しているからこそ「叱る」わけで、その意味と愛情が一緒に伝わるようにしたいですね。1回で分かると思わな...

≫続きを読む

育児 子供を叱った後のフォロー

叱った後のフォローちゃんと出来てますか?私は。。あまり出来てないかも知れないですね。。叱るのはしょうがないとして、フォローもセットにするとお互いの気まずさもないし、子どももいつまでもしょんぼりすることもないですよ。親がいつまでも引きずってちゃどうしようもないので、出来るだけ早く気持ちの切り替えをしま...

≫続きを読む

<スポンサードリンク>

トップページ 子供の気持ち 叱ると怒る 子供を伸ばす 悩み ストレス解消 おすすめ書籍